全国地域づくり実践事例を紹介! 農山漁村ナビ

地域の食文化の保存継承  古くから伝わる宮古地方の保存食「新巻鮭」は冷凍技術のなかった時代の塩分が強い食べ物。それを適度な塩味にして米糠を加え発酵・熟成させ深い旨味のある食べ物に仕上げる。「宮古縄文漬 さけ」です。

岩手県宮古市 マルヤマ 山根商店

HOME > 事例一覧 > 地域の食文化の保存継承  古くから伝わる宮古地方の保存食「新巻鮭」は冷凍技術のなかった時代の塩分が強い食べ物。それを適度な塩味にして米糠を加え発酵・熟成させ深い旨味のある食べ物に仕上げる。「宮古縄文漬 さけ」です。

日々の写真館

目次へ

事業概要

毎年11 月3 日の文化の日に、宮古市崎山地区にある国指定の文化財「崎山貝塚」において開かれる縄文祭りでは、宮古縄文漬を焼いて、来場者に振る舞っている。縄文祭りの参加者には、子どもや親子連れが多く、本物の美味しさが何なのかを味わってもらい、シンプルに塩と自然の恵みだけで作られた健全な食事を取ることで元気になって欲しいという願いを込めて子ども達と交流している。
また、県内外の数多くの催事へ自ら出向き、対面販売により古き良き時代の食文化を持ち前の方言で伝承し、商品の物語を訴える販売スタイルで、消費者と直接交流する機会を大事にしており、首都圏をはじめ県外でも好評を得ている。
東日本大震災津波からの地域の復興をけん引し、三陸ブランド化を担う女性リーダーとしても欠かせない存在であり、その活動は地域の模範となっている。

目次へ

主力商品・イベント

目次へ

活動背景

現代人の味覚は、濃厚な味の氾濫で素材の本物の味がわからなくなってきているのではないかという考えから、縄文人の味覚に焦点をあて、現代人ももっとシンプルに食材をみつめ「少量の塩で食材の旨味を噛締め、健康にも気を配って欲しい」との願いから発酵食品「宮古縄文漬」の商品化を行った。

目次へ

ポイント・効果

派手さもなく地味な行動であるが、徐々に活動内容が周知されてきている。

目次へ

活動規模

目次へ

地域資源

目次へ

今後の展開

 楽しく皆が集えるものつくりの場として、異業種間で志あるもの同士、力をあわせて都会から訪れる老若男女を受け入れて、誰もが童心に帰り純朴で素材の旨味を味わえる豊富な食材の宝庫。こころ癒される山・川・海全て揃ういわての自然。「みんなおでんせ!」そんな「賢治ワールド」を作り上げたい。

目次へ

困難だったこと

目次へ

基本情報

■名称 :

地域の食文化の保存継承  古くから伝わる宮古地方の保存食「新巻鮭」は冷凍技術のなかった時代の塩分が強い食べ物。それを適度な塩味にして米糠を加え発酵・熟成させ深い旨味のある食べ物に仕上げる。「宮古縄文漬 さけ」です。

■住所 :

岩手県宮古市田老古田75-4

■TEL :

0193-63-1456

■管理団体 :

マルヤマ 山根商店

■代表者名 :

■WEBサイト :

http://0-8-0.com/

目次へ

公開トーク

新規投稿

書き込みするにはログインする必要があります

利用者自身の個人情報を明らかにする行為や、 個人情報の開示に繋がる恐れが高いと判断される行為、
または他者のプライバシーの侵害に 繋がる書き込みは、ご遠慮ください。