全国地域づくり実践事例を紹介! 農山漁村ナビ

【山口大学生との交流】 民家へ1泊して交流を深める、【丸久グループ(スーパー)社員との交流】 田植え・稲刈り等を通して

山口県阿武郡阿武町 農事組合法人 うもれ木の郷

HOME > 事例一覧 > 【山口大学生との交流】 民家へ1泊して交流を深める、【丸久グループ(スーパー)社員との交流】 田植え・稲刈り等を通して

日々の写真館

目次へ

事業概要

 農地が利益を生み出し地域に還元できることが農地を守る近道であり、集落を発展させる方法であるという考え方から、地権者へ支払う小作料は山口県下でも高額に設定されている。
この支払には、経営安定のため、高収量・高品質を実現するための営農努力とあわせ、組合員には草刈りや機械作業等何らかの作業に参加するという、集落が一体となった意識を形成していく努力で実現している。
土づくりを基本に化学肥料や農薬の使用量を低減した循環型農業に取り組んでいる。水稲やスイカ、ホウレンソウの栽培については、法人としてエコファーマーの認定を受けている。
男女がともに法人を支える体制を生み出し、経営に女性の意見が積極的に取り入れられている。独立採算方式として従事分量配当を受けることができ栽培技術向上や経営改善につながっている。
この取組は農家の努力が反映されることから、集落内外から若い新たな人材の就農が進み後継者の育成につながっている。

目次へ

主力商品・イベント

目次へ

活動背景

宇生賀地区は平坦で広い耕地に恵まれているものの、農家人口の減少や高齢化、不在地主の増加が進んでいた。このままでは田んぼが荒れていき、それに伴い地域が衰退することが明らかであった。
各集落で話し合いが重ねられた結果「自らのことよりも地域が一つになることを目指し、水稲を作りながら隣では野菜作ができる農地を作ることが宇生賀の生き残れる道である」との考えが若い人を中心に広がり、それが宇生賀農業の道筋となった。
農作業の省力化・効率化が図られたことから、4集落の女性たちが、新しい感性でむらづくりをしようと、法人参加世帯の女性により「四つ葉サークル」が結成された。
宇生賀地区では4集落の自治会が統合し地域ぐるみで組織的なコミュニティ活動を展開している。

目次へ

ポイント・効果

表彰を受けたことで、役員、組合員間の連携が強くなり組合員の志気が高まる。

目次へ

活動規模

目次へ

地域資源

目次へ

今後の展開

目次へ

困難だったこと

目次へ

基本情報

■名称 :

【山口大学生との交流】 民家へ1泊して交流を深める、【丸久グループ(スーパー)社員との交流】 田植え・稲刈り等を通して

■住所 :

山口県阿武郡阿武町大字宇生賀911番地

■TEL :

08388-5-5000

■管理団体 :

農事組合法人 うもれ木の郷

■代表者名 :

■WEBサイト :

目次へ

公開トーク

新規投稿

書き込みするにはログインする必要があります

利用者自身の個人情報を明らかにする行為や、 個人情報の開示に繋がる恐れが高いと判断される行為、
または他者のプライバシーの侵害に 繋がる書き込みは、ご遠慮ください。