全国地域づくり実践事例を紹介! 農山漁村ナビ

豊富な森林資源の活用

岩手県気仙郡住田町 岩手県住田町

HOME > 事例一覧 > 豊富な森林資源の活用

日々の写真館

目次へ

事業概要

住田町は面積の90%を森林が占める町で基幹産業は農林業です。豊富な森林資源の活用に向け、官民一体となってラミナ製材工場や集成材工場、プレカット工場を整備し、地域材を活用した林業振興を目指しています。
平成16年には国際的な森林管理認証である「FSC森林認証」を取得しています。住田町と森林組合が協力し、自然環境に配慮した森林管理を行ってきました。
 教育委員会と協力のもと、「森林環境学習」の取り組みを推進しています。この取り組みは、保育園から小中学生、一般向けと各年齢層に応じたプログラムにより、森林内でのレクリエーションや林業体験、木材加工工場の見学を行い、森林や林業に対する理解を深めてもらうための活動です。
 平成26年には東日本大震災により被災した役場庁舎を、町のシンボルとして木造で建て直しました。「木造役場庁舎」は、地元の集成材工場や製材所で生産される木材を使用できる設計とし、実用性と意匠性を兼ね備えた町民に親しまれる庁舎を目指しています。建築関係各紙で紹介していただいており、完成から2年を経過した今もなお多くの方に視察に来ていただいています。

目次へ

主力商品・イベント

・FSC森林認証
・木材加工施設
・森林環境学習
・木造役場庁舎

目次へ

活動背景

戦後、先人たちにより造成された人工林は伐期を迎えつつあります。一方で木材価格の低迷により、山元の収益は落ち込んでいます。
 このことに対して、地域材に付加価値を付けるための取り組みとして、地域内での苗木から家まで完結する川上から川下までの木材流通体制を整備しました。
また、地元ブランドの「気仙材」に付加価値をつけるために、適切な森林管理の認証を受ける「FSC森林認証」の取得を目指すこととなりました。

目次へ

ポイント・効果

木材加工施設の整備等により、林業・木材産業分野で300人近くの雇用を生み出し、地域経済の活性化に役立っています。

目次へ

活動規模

○雇用者数 222人(平成27年度ラミナ工場・集成材工場・プレカット工場)
○年間売上 6,926百万円(平成28年度ラミナ工場・集成材工場・プレカット工場)
○森林環境学習イベント回数 67回(平成28年度)
○森林環境学習参加者数 1,479人(平成28年度)
○新役場庁舎視察者数 147件 1,944人 (平成26年8月~平成29年2月)

目次へ

地域資源

町の面積の90%を占める森林資源。
森林環境学習の担い手である「森の案内人」。

目次へ

今後の展開

環境に配慮した森林経営とその森林からの林産物販売、森林を活用した体験型学習により、森林資源や林業の有効活用を図り、地域社会へその恵みを還元していきます。

目次へ

困難だったこと

目次へ

基本情報

■名称 :

豊富な森林資源の活用

■住所 :

岩手県気仙郡住田町世田米字川向88-1

■TEL :

0192-46-3868

■管理団体 :

岩手県住田町

■代表者名 :

■WEBサイト :

目次へ

公開トーク

新規投稿

書き込みするにはログインする必要があります

利用者自身の個人情報を明らかにする行為や、 個人情報の開示に繋がる恐れが高いと判断される行為、
または他者のプライバシーの侵害に 繋がる書き込みは、ご遠慮ください。