全国地域づくり実践事例を紹介! 農山漁村ナビ

菜の花による資源循環型の地域づくり

滋賀県東近江市 NPO法人愛のまちエコ倶楽部

HOME > 事例一覧 > 菜の花による資源循環型の地域づくり

日々の写真館

目次へ

事業概要

平成8年に廃食油のバイオ燃料(BDF)化プラントが稼動して以降、これまで市の公用車やコミュニティバスをはじめ、地域内の各種団体ではトラクターや発電機などでBDFを燃料として活用してきている。
平成10年には、地域内の資源循環を進めるために菜種栽培に取り組み、「菜の花エコプロジェクト」をスタートした。同プロジェクトは、NPO法人愛のまちエコ倶楽部が中心となって事業を推進している。転作田に菜種を植え、収穫、搾油した菜種油を市の特産品として家庭や学校給食などで食用油に使い、その廃食油をBDFやせっけんとして再活用することで資源循環の地域モデルを作り出した。
本市の愛東地域を発祥とする菜の花エコプロジェクトの活動は、現在では、全国各地でみられるようになっている。

目次へ

主力商品・イベント

○菜種油・油粕
化学薬品や添加物を一切使わず、地元産菜種のみを絞った安心安全で栄養豊富な食用油「菜ばかり」。一番搾りの油粕は養分豊富な有機肥料です。
○くん炭
地域の田から出るもみ殻を炭化したくん炭は良質な土壌改良材です。
○体験学習
廃食油からのBDF精製体験やキャンドルづくり体験、菜の花プロジェクトについての視察研修受け入れや学校に出向いての環境教育を実施。

目次へ

活動背景

昭和52年の琵琶湖の赤潮発生をきっかけにせっけん運動が始まり、廃食油の回収とせっけんへのリサイクルが行われてきた。その後、無リン洗剤の販売によるせっけん使用率の低下から、廃食油の新しい利用の道として滋賀県環境生活協同組合(現在は「NPO法人碧いびわ湖」)と連携し、BDF化の取組を進めることになった。
旧愛東町では、集落をまちづくりの基盤として施策を進めてきたことで自治会単位でのリサイクルに対する住民の理解が進み、また、農業を基盤として地域の営農組織を育成したことで、菜種栽培の担い手確保につながったことが取組の基盤となった。

目次へ

ポイント・効果

○市町合併により、これまでの廃食油の回収量4,000ℓが40,000ℓに拡大した。BDFの利用についても林業機械やライトアップイベントの発電機など、企業や地域団体との連携が広がった。
○拠点施設である菜の花館では、指定管理者であるNPO法人が施設を運営し、「菜の花エコプロジェクト」を通じて地域内の様々な団体等と連携した地域づくりを担っている。

目次へ

活動規模

○H27実績
BDF精製量(12,000L)、くん炭(240,000L)、菜種(18,000㎏)、菜種油(3,800㎏)、環境学習(2,700人)

目次へ

地域資源

○もみ殻や剪定枝など地域で発生する木質バイオマスや、家庭、学校給食などから出る廃食油。
○もみ殻からくん炭を作る際に発生する熱は菜種の搾油や施設内暖房、温水に利用している。
○転作田に咲く菜の花は観光資源になっている。

目次へ

今後の展開

廃食油の回収についての理解を高め、リサイクルせっけんの見直しやBDFの品質向上と併せて利用拡大への普及啓発を図る。また、地域内資源循環の環境学習を継続する。
これにより、本市を発祥の地とする「菜の花エコプロジェクト」を一層推進する。

目次へ

困難だったこと

目次へ

基本情報

■名称 :

菜の花による資源循環型の地域づくり

■住所 :

滋賀県東近江市妹町70

■TEL :

0749-46-8100

■管理団体 :

NPO法人愛のまちエコ倶楽部

■代表者名 :

■WEBサイト :

http://ai-eco.com/

目次へ

公開トーク

新規投稿

書き込みするにはログインする必要があります

利用者自身の個人情報を明らかにする行為や、 個人情報の開示に繋がる恐れが高いと判断される行為、
または他者のプライバシーの侵害に 繋がる書き込みは、ご遠慮ください。