全国地域づくり実践事例を紹介! 農山漁村ナビ

都市と農村との交流促進(農村風景や農産物・体験施設を紹介し都市と農村の交流を図る)

群馬県利根郡みなかみ町 一般財団法人みなかみ農村公園公社

HOME > 事例一覧 > 都市と農村との交流促進(農村風景や農産物・体験施設を紹介し都市と農村の交流を図る)

日々の写真館

目次へ

事業概要

 歴史文化の保全と伝承、伝統手工芸文化の伝承と体験、食文化の伝承と開発、高齢者の生きがい事業を基本理念に事業化を行った。24の異業種工房が交流の拠点となって、体験型農村観光を実現している。
また、群馬県内町村初の景観条例を制定し、「建物事前協議色彩看板の規制」など農村景観保全に取り組んでいる。
高齢者農業の多品目少量生産を含む地域農業の振興として、農産物販売所「豊楽館」を設立した。農家約400戸参加しており生きがいを見つけて元気になった農家も多い。地域内にある民間の食堂も支援する。関東を中心とした小中学生の体験学習の場としても活用されている。
以前から、「全村公園化構想」として農業と観光を結んだ体験型農村観光に取り組み、分散型の受流拠点施設の整備、景観条例の制定による農村景観の保全、地域農業の振興などの活動を行っている。

目次へ

主力商品・イベント

目次へ

活動背景

 「自然景観の保全と体験」コンセプトに、体験施設を各集落に配置する分散型施設づくりを行い、広く農村空間の景観を守ると同時に集落全域に誘客する効果を生み出している。大規模開発や高速道路の開通等により、主産業である農業や養蚕が衰退の一途をたどる中、美しい農村景観を保全するには、しっかりとした農業経営が不可欠であるということから、『たくみの里』づくり事業を開始した。

目次へ

ポイント・効果

 内閣総理大臣賞(グランプリ)をいただいた事で従業員の意識の向上にはつながった。

目次へ

活動規模

目次へ

地域資源

目次へ

今後の展開

施設の後継者不足や観体験光バスの法的改正(運行距離制限・時間等)により都市からの来場者の減少である。解決策として行政の力も借りてイノベーションプロジェクトを立ち上げ新規体験施設の参入の促進等のバックアップを実施している。

目次へ

困難だったこと

目次へ

基本情報

■名称 :

都市と農村との交流促進(農村風景や農産物・体験施設を紹介し都市と農村の交流を図る)

■住所 :

群馬県利根郡みなかみ町須川847番地

■TEL :

0278-64-2211

■管理団体 :

一般財団法人みなかみ農村公園公社

■代表者名 :

■WEBサイト :

http://takuminosato.or.jp/

目次へ

公開トーク

新規投稿

書き込みするにはログインする必要があります

利用者自身の個人情報を明らかにする行為や、 個人情報の開示に繋がる恐れが高いと判断される行為、
または他者のプライバシーの侵害に 繋がる書き込みは、ご遠慮ください。