全国地域づくり実践事例を紹介! 農山漁村ナビ

第一次産業の振興と農漁村地域の活性化を目指す

三重県鳥羽市 鳥羽マルシェ有限責任事業組合

HOME > 事例一覧 > 第一次産業の振興と農漁村地域の活性化を目指す

日々の写真館

目次へ

事業概要

地域の農協と漁協が手を組み、農漁家の所得向上を目指した農水産物の直売事業と地域で継承されてきた「食の知恵」を提案するレストラン・惣菜事業を共同運営しています。
また、自前では6次産業化に取り組むのが難しいという農家から果実を買い取ってジャムやドライフルーツを製造しています。生産者が既に6次産業化に取り組んでいる場合は、生産者に販売ブースでのディスプレイづくりに参加してもらい、売れ行き動向を共有して製造意欲の向上につなげています。

目次へ

主力商品・イベント

目次へ

活動背景

鳥羽は農林水産業の総生産額・就業者数ともに平成12年からの10年間で大きく減少してきています。過去の統計を見ても、伊勢神宮の式年遷宮が終了すると観光客も減少しており、産業全体の縮小を心配して鳥羽市が調査した結果、鳥羽駅前地区には「食」の流通拠点と情報発信拠点が必要であることが分かり、そのことから直売所の整備が決まりました。そして「第一次産業の振興と農漁村地域の活性化」という目標を掲げ、全国でも稀な取り組みである、鳥羽志摩農協と鳥羽磯部漁協が一体的に運営を行う為に新組織「鳥羽マルシェ有限責任事業組合」を設立し、運営しています。

目次へ

ポイント・効果

・自家消費が中心だった地域の生産者の農水産物を、鳥羽マルシェで販売することにより生産者の所得向上に貢献しています。
・サメやアラメといった食材など、地域独特の食文化を発信することで、地域の「食」の付加価値が向上しました。
・6次産業化の推進により鳥羽マルシェで販売するアイテム数が増加しています。

目次へ

活動規模

目次へ

地域資源

目次へ

今後の展開

・本体組合と協力し合い、農産物の端境期の解消を目的とした早生や奥手など作付けする品種を変える工夫等を生産現場へ指導していきます。
・消費者に単に値段だけで他社と比べられないよう鮮度や生産方法など鳥羽マルシェの商品の価値をしっかり発信していきます。

目次へ

困難だったこと

目次へ

基本情報

■名称 :

第一次産業の振興と農漁村地域の活性化を目指す

■住所 :

三重県鳥羽市鳥羽1丁目2383-42

■TEL :

0599-21-1080

■管理団体 :

鳥羽マルシェ有限責任事業組合

■代表者名 :

坂口みのり

■WEBサイト :

http://www.tobamarche.jp

目次へ

公開トーク

新規投稿

書き込みするにはログインする必要があります

利用者自身の個人情報を明らかにする行為や、 個人情報の開示に繋がる恐れが高いと判断される行為、
または他者のプライバシーの侵害に 繋がる書き込みは、ご遠慮ください。