全国地域づくり実践事例を紹介! 農山漁村ナビ

学校給食に地場産農産物を納め食農教育を推進

東京都小平市 JA東京むさし小平支店

HOME > 事例一覧 > 学校給食に地場産農産物を納め食農教育を推進

日々の写真館

目次へ

事業概要

小平産農産物を市内学校給食に安定供給を図ることにより、食農教育や市内農産物の生産拡大につなげる取り組み。

目次へ

主力商品・イベント

自校調理方式の小学校19校での統一メニュー「カレーの日」・「郷土料理すいとんの日」など

目次へ

活動背景

都市農地を有効に活用されたうえで、都市にあるべきものとして残っていくように、食農教育など社会貢献にも繋がる学校給食への導入率30%を目指した。

目次へ

ポイント・効果

「納めたい農家」と「使いたい学校」が配送問題により繋がっていなかった。配送問題解消に行政とJAで取り組んだ。

目次へ

活動規模

小平市内

目次へ

地域資源

小平産農産物

目次へ

今後の展開

導入率30%が目前まできたが、都市農地をもっと活用し生産拡大を図っていくとともに、出張授業や農業体験学習などに積極的に協力し、都市に、市民に、子供たちに必要と言われる農業を確立していく。

目次へ

困難だったこと

目次へ

基本情報

■名称 :

学校給食に地場産農産物を納め食農教育を推進

■住所 :

東京都小平市小川町2-1343-1

■TEL :

042-348-7244

■管理団体 :

JA東京むさし小平支店

■代表者名 :

浅見 知秀

■WEBサイト :

http://www.jatm.or.jp

目次へ

公開トーク

新規投稿

書き込みするにはログインする必要があります

利用者自身の個人情報を明らかにする行為や、 個人情報の開示に繋がる恐れが高いと判断される行為、
または他者のプライバシーの侵害に 繋がる書き込みは、ご遠慮ください。