全国地域づくり実践事例を紹介! 農山漁村ナビ

地域の特徴を活かした漁業体験

愛知県知多郡南知多町 株式会社篠島お魚の学校

HOME > 事例一覧 > 地域の特徴を活かした漁業体験

日々の写真館

目次へ

事業概要

①誰が食べても(小さなお子棟からご年配の方まで)安心・安全な (余分な物を加えない)、自分が食べたい商品づくりを基本に置いた商品の提供。
②四季、旬の時期を無視したものづくりをしない。③島でとれた物をメインにした商品づくり。
以上を踏まえた商品づくり を行えば必ず販路は開け、リピーターは増えると確信している。6次化の認定を受けたことで島民にも刺激になり、島の玄関口「海の駅 篠島」へのお土産商品開発の協議を始めた。
今まで様々な漁業体験に加えて、今年は小学生の宿泊体験を行う。1泊2日の宿泊体験。4月から12月までの9ヶ月間を通して島を訪れる事で、色んな顔をもった篠島の変化を知り、自然との暮らしの楽しさ、大変さを普段の生活を味わって体感してもらうことで、子供の大事な根っこの部分のひとつになると確信している。
島と会社の広報活動として、団体の親子の体験活動や、お魚食の普及活動(魚捌き体験等 )を推進する。販売していて、一番の問題点は食べたいけど 「処理の仕方がわからない。」でした。
紙に書いたり、説明したりで解決 。それをもっと、多くの方に実感してもらう活動を増やしていきたい。

目次へ

主力商品・イベント

目次へ

活動背景

 母(保美)が「農林漁家民宿おかあさん100選」に選ばれ活動していたのを引き継ぎ2010 年“島の体験・加工施設”お魚の学校を辻根美がオープンした。名古屋にある「オアシス21朝市村オーガニツクファーマーズ」村長である吉野たかこ氏と知り合い、食育活動等の助言を得た。家族のとった魚貝を都市の皆さんに調理方法を紹介しながら販売、3か所のマルシェでの販売が加わり、6次産業化の商品を開発中である。

目次へ

ポイント・効果

 販売数を少しずつ伸ばすことで共に行動し、応援者が増えて来た。新しい試みとして、中学校の社会体験勉強の一角である1泊2日の体験先に決まった。こうした活動を伸ばして行きたいと思っている。

目次へ

活動規模

目次へ

地域資源

目次へ

今後の展開

 ①体験メニューの幅を広げる。②島の宿泊施設との協力体制作り。③会計面が複雑になって来た。スリム体制作り。④販売先が増えて来たので、その配送ルート作りを考えて行きたい。⑤ふるさと納税商品の充実を目指す。

目次へ

困難だったこと

目次へ

基本情報

■名称 :

地域の特徴を活かした漁業体験

■住所 :

愛知県知多郡南知多町大字篠島字浦磯1-201

■TEL :

0569-67-2929

■管理団体 :

株式会社篠島お魚の学校

■代表者名 :

■WEBサイト :

http://www.osakana-school.com

目次へ

公開トーク

新規投稿

書き込みするにはログインする必要があります

利用者自身の個人情報を明らかにする行為や、 個人情報の開示に繋がる恐れが高いと判断される行為、
または他者のプライバシーの侵害に 繋がる書き込みは、ご遠慮ください。