全国地域づくり実践事例を紹介! 農山漁村ナビ

平塚のお魚普及キャンペーン大作戦

神奈川県平塚市 平塚市漁業協同組合

HOME > 事例一覧 > 平塚のお魚普及キャンペーン大作戦

日々の写真館

目次へ

事業概要

「魚をさばけないから食べない」という声から「ビーチdeさばき方教室」を企画。「湘南ひらつかビーチパーク」で海を望み獲れたての地魚のさばき方を学び、その場で楽しむ。若い女性、ファミリー層などに人気でリピーターも多い。
その後、県下JAの大型農産物直売所で朝どれ鮮魚を定期的に販売、大漁で値がつかない魚や、市場の流通にのりにくい規格外の魚もあっという間に売り切れ、新たな収入確保、PR効果も実感できる結果となった。
その後、平塚新港荷さばき施設での「地どれ魚直売会」がスタート、お客さんに獲れたての魚を、活きのいい状態で美味しく食べてもらいたいと、大きな「いけす」に入れて、生きたままの状態で販売する。

各種イベントに実演販売できるキッチンカーで出動し、カタクチイワシなどの小魚と米粉を丸ごとプレスした「お魚せんべい」が子どもたちに大人気だった。最近では、「サバの竜田揚げ」も「いま揚がりましたよ」と中継付きで販売している。

地元の人々が気軽に地魚に親しめる『直営の飲食店』の建設や知名度がなくサイズが小さいなどの理由から値がつかない魚、「低利用魚」の付加価値を高めることが漁業活性化として期待されていたことから、漁協直営の飲食店兼加工場施設「平塚漁港の食堂」を建設した。
オープン直後から大盛況で漁業の振興に貢献するとともに地産地消の核となり地域の賑わいの創出につながる。

目次へ

主力商品・イベント

地どれ魚直売会
毎月第4金曜日に開催。ひらつかタマ三郎漁港に水揚げされる新鮮なお魚や活きた魚に出会える直売会
詳しくはHPをご確認ください。http://www.jf-hiratsuka.org/

一本釣りの活魚や刺網の活魚など
定置網の朝どれ鮮魚!
泳ぐ魚を見るだけでも楽しい!
目次へ

活動背景

相模湾の中央に位置する神奈川県平塚市・平塚漁港。黒潮の流れを受け、海底は起伏に富む恵まれた漁場で獲れた海の幸が水揚げされる。しかし、昨今の消費者の魚離れもあるが、平塚市民でも地元に漁港があることさえ知らない人も多い。この現実を打破するために、漁協が一丸となって「平塚のお魚普及キャンペーン大作戦」をスタート。毎日、夜中に出船し日の出とともに戻ってくる漁師の思いや、地元でとれるお魚を新鮮でおいしく食べることができる幸せを平塚市民に感じてもらうための活動を行ってきた。

目次へ

ポイント・効果

 選定を受けたことで、メディア等の取材があり今まで以上に消費者への認知度を向上させることができた。

目次へ

活動規模

目次へ

地域資源

目次へ

今後の展開

 漁業所得の向上、過去に建設した建物の老朽化、担い手の育成。

目次へ

困難だったこと

目次へ

基本情報

■名称 :

平塚のお魚普及キャンペーン大作戦

■住所 :

神奈川県平塚市千石河岸28番13号

■TEL :

0463-21-0146

■管理団体 :

平塚市漁業協同組合

■代表者名 :

■WEBサイト :

http://www.jf-hiratsuka.org/

目次へ

公開トーク

新規投稿

書き込みするにはログインする必要があります

利用者自身の個人情報を明らかにする行為や、 個人情報の開示に繋がる恐れが高いと判断される行為、
または他者のプライバシーの侵害に 繋がる書き込みは、ご遠慮ください。