全国地域づくり実践事例を紹介! 農山漁村ナビ

21世紀創造運動

石川県河北郡津幡町 河北潟干拓土地改良区

HOME > 事例一覧 > 21世紀創造運動

日々の写真館

目次へ

事業概要

 ひまわり村は、広大な干拓地を背景に年々面積を拡大して現在2.3ha、35万本のひまわりが咲き誇っている。
干拓地では営農活動が本来の姿であるが、これからの農業は観光化による活性化も必要と考え、四季を通して周辺地域の方々、或いは都市住民に自然に満ち溢れた有りのままの景観を鑑賞してもらい、また都市住民から活力の源を頂くことが、これからの農業振興に大きく関わって来ることを期待し、干拓地として「四季の花」を題材としたひまわり村をスタートした。
干拓地では、春は防風林帯と平行して桜並木の桜の乱舞、夏はひまわり村のひまわりの開花、秋はコスモスとメタセコイアの並木道の紅葉、冬はメタセコイアに降り積もる雪景色など、常に花や景観よる癒やしの実体験の充実を図りながら干拓地農業に対する理解と景観形成の保全・形成維持に努めている。

目次へ

主力商品・イベント

目次へ

活動背景

ひまわり村では広大な干拓地を背景に2.3ha、35万本のひまわりが咲き誇っており、訪れる子供たちが干拓地の広大で豊かな自然環境に触れ、大きく成長してくれることを願って活動をしている。また更なる知名度やイメージアップと活性化に向けた取組として、「ひまわり油」の販売を初め、「ひまわりクッキー」、「生キャラメル」と「白い大判焼き」等の商品開発・販売を実践しており、干拓地農産物の特産品作りにもチャレンジしている。

目次へ

ポイント・効果

2.3ha35万本のひまわりの大輪が真夏の空に向かって大きく花を咲かせる醍醐味が今では「夏の風物詩」として県内、県外から多くの来場者でにぎわっている。また、夜のひまわりとして「ライトアップ」で楽しんでいただいている。

目次へ

活動規模

目次へ

地域資源

目次へ

今後の展開

ひまわり園内には迷路を設定し展望台も設けているが入場者数が多く展望台周辺では大渋滞で汗を拭きながら順番を待たれるので、今後は展望台の拡張や迷路の幅の拡幅などにより混雑の解消を図りたい。夜のライトアップも来場者が急増し、駐車場や防犯対策を行いたいが職員数が少なく警備会社への委託等も考えたい。

目次へ

困難だったこと

目次へ

基本情報

■名称 :

21世紀創造運動

■住所 :

石川県河北郡津幡町湖東395番地

■TEL :

076-288-4424

■管理団体 :

河北潟干拓土地改良区

■代表者名 :

■WEBサイト :

http://www.k-kantaku.com/

目次へ

公開トーク

新規投稿

書き込みするにはログインする必要があります

利用者自身の個人情報を明らかにする行為や、 個人情報の開示に繋がる恐れが高いと判断される行為、
または他者のプライバシーの侵害に 繋がる書き込みは、ご遠慮ください。