全国地域づくり実践事例を紹介! 農山漁村ナビ

都市間交流

島根県浜田市 都川自治会

HOME > 事例一覧 > 都市間交流

日々の写真館

目次へ

事業概要

さらに地区には、全国に誇れる伝統芸能「石見神楽」がある。過疎と高齢化が激しく進行する中、交流人口から増やそうと、「石見神楽」を活かした交流イベント「交流神楽in 都川」をはじめ、広島の神楽団体との共同公演は今年で11 回目を数える。さらに、石垣棚田の風景を多くの人に楽しんでいただくために、農家の縁側を開放した「縁側喫茶」を始め、素朴で癒される「おもてなし」を開始した。

目次へ

主力商品・イベント

目次へ

活動背景

島根県浜田市旭町都川(つかわ)地区は中国山地の山懐に抱かれた清流と緑豊かな農山村で、過疎と高齢化の進行が激しく、高齢化率が53.8%と浜田市の中でも最も高い地域となっている。都川の農村風景の主役は全国棚田百選にも選ばれた歴史的風致、「石垣棚田」。この石垣棚田は中国地方で江戸時代に盛んに行われた「たたら製鉄」の原料の砂鉄を採取した「鉄穴(カンナ)流し」に由来するものである。土を削った後に出てきた大石を城壁のように積んで、そこには鳥取城の石垣を作った技術が応用され、長い間、夏はたたら製鉄、冬は棚田作りを繰り返した結果、今日のような美しい棚田が完成した。

目次へ

ポイント・効果

市外、県外からだけでなく、これまで当たり前の風景としてしか見ていなかった地元住民からも、景観の良さを再認識された。

目次へ

活動規模

目次へ

地域資源

目次へ

今後の展開


 棚田の風景を多くの人に楽しんでいただくためにと始めた農家の縁側を利用した縁側喫茶は、当初は4軒で開始したが、現在では1軒が取り組んでいるのみとなっている。この背景には、高齢化によるもの、新たな取組みへの転換によるものなどがあるが、今後は、後継者の人材育成や個々の組織をまとめる「地域をあげてのまちづくり」組織の力が必要になってくる。また棚田は、地域全体の観光交流資源としているものの、それらの保全については所有者又は現在の耕作者に委ねられているため、高齢化の著しい当地区では地域としての保全の取組みが課題となっている。棚田の景観が地域の共有財産であるとの認識を持つような住民への意識改革も必要と考えている。

目次へ

困難だったこと

目次へ

基本情報

■名称 :

都市間交流

■住所 :

島根県浜田市旭町都川889(都川公民館)

■TEL :

0855-47-0001

■管理団体 :

都川自治会

■代表者名 :

■WEBサイト :

目次へ

公開トーク

新規投稿

書き込みするにはログインする必要があります

利用者自身の個人情報を明らかにする行為や、 個人情報の開示に繋がる恐れが高いと判断される行為、
または他者のプライバシーの侵害に 繋がる書き込みは、ご遠慮ください。