全国地域づくり実践事例を紹介! 農山漁村ナビ

都市と農山漁村との交流による商店街・地域の活性化(とれたて村事業)

東京都板橋区 ハッピーロード大山商店街振興組合

HOME > 事例一覧 > 都市と農山漁村との交流による商店街・地域の活性化(とれたて村事業)

日々の写真館

目次へ

事業概要

○とれたて村での販売:現在全国の自治体と契約し真面目に頑張る生産者の農産品・加工品を買取で仕入れて販売する他、都市消費者のニーズに合った「売れるモノづくり」のためのマーケティングを応援。
○ふるさとイベント開催環境の提供:農山漁村の生産者が東京でイベントを行うための環境を提供、販売促進・SPや消費者ニーズを学ぶほか、直接消費者と交流することでモチベーション向上などを支援。
○産地訪問ツアーの実施:提携する自治体を訪問し農業体験や生産者と交流するツアーを実施。交流ニーズや資源リサーチから都市ユーザーに合ったプログラムを提案し、地域の活性化を支援。
○学校給食への食材供給:区内の公立小中学校の児童生徒に提携自治体の農産品を納入。また、産地と連繋し児童生徒に配る 「とれたて村給食だより』の制作や、生産者が学校を訪問し児童生徒と交流する 「食育講座」などの活動を実施。
○シティセールス支援:提携する全国自治体と区民との結びつきを強めるため、自治体の認知度向上や区民の訪問機会の増加に寄与するほか、首長同士の繋がりや、行政レベルの連携など自治体相互の絆づくりを応援。

目次へ

主力商品・イベント

目次へ

活動背景

「食の信頼」や「ふるさとの食材や暮らし」への関心が高まり、商店街としてもこの消費者ニーズに応える使命があると考えた。また農山漁村と都市を結ぶことで、真面目に作られたモノが売れる環境づくりや交流促進にも役立てると考え、商店街と農山漁村が互いに支援しあうことでメリットを獲得し継続性と相乗効果のある「とれたて村」事業を開始した。

目次へ

ポイント・効果

受賞を契機に全国の市町村からの視察が増え、マスコミに取り上げられることが多くなり、更に、区内の他商店街でも同様に「都市と農山漁村との交流による商店街・地域の活性化」の取り組みが盛んになっていった。

目次へ

活動規模

目次へ

地域資源

目次へ

今後の展開

現在の1店舗では、受け入れ市町村数の限界を課題とし、空き店舗対策も踏まえ、店舗の複数店舗化の実現に向けて、2店舗目からは、開設当初から補助金に頼ることの無い経営計画を模索している。

目次へ

困難だったこと

目次へ

基本情報

■名称 :

都市と農山漁村との交流による商店街・地域の活性化(とれたて村事業)

■住所 :

東京都板橋区大山町49-1 ハロープラザ 2階

■TEL :

03-3973-0055

■管理団体 :

ハッピーロード大山商店街振興組合

■代表者名 :

■WEBサイト :

http://haro.or.jp/

目次へ

公開トーク

新規投稿

書き込みするにはログインする必要があります

利用者自身の個人情報を明らかにする行為や、 個人情報の開示に繋がる恐れが高いと判断される行為、
または他者のプライバシーの侵害に 繋がる書き込みは、ご遠慮ください。