全国地域づくり実践事例を紹介! 農山漁村ナビ

教育旅行、グリーンツーリズム、海外からの青少年の受入、定住促進、六次化、特産品開発ほか

福島県岩瀬郡天栄村 天栄村ふるさと子ども夢学校推進協議会

HOME > 事例一覧 > 教育旅行、グリーンツーリズム、海外からの青少年の受入、定住促進、六次化、特産品開発ほか

日々の写真館

目次へ

事業概要

天栄村内の多くの団体が協力することで、農業だけでなく、天栄村の文化や歴史なども含めた幅の広い農村体験活動が可能となり、受入れ体制も問い合わせや手配などもワンストップで対応可能な体制を整えています。
東日本大震災後は、風評被害による来村数の減少を食い止め、元の状況に回復するため、近隣の小中学校や旅行業者へのPR活動も積極的に行っています。この他、国の絆強化プロジェクト事業により、アジアや北米など海外からの農村生活体験の旅行者を大勢受入れることで、風評被害からの脱却と地域の復興の足がかりとなっています。
また、原発事故後、放射能風評被害による農産物の販売低下が続いているため、特産物の「ヤーコン」(芋状の根菜類)などを使った新たな商品の開発・加工研究にも着手し、都内のイベントで地域産品のPR及び販売促進活動も進めているほか、首都圏の出資者から定額の出資をしてもらい、対価として生産した米を発送する「田んぼのパートナー制度」を実施して農産物の安全性を理解してもらうなど、農産物の流通の回復にも取り組んでいます。

目次へ

主力商品・イベント

目次へ

活動背景

 天栄村は福島県中通り南部に位置し、農村生活体験の受入れも活発な地域です。しかし、東日本大震災によって、農家等の住居や道路など損壊の被害が発生した上、原発事故の影響による風評被害が重なり、農作物の販売不振、予定していた都内小学校からの農村体験の受入れ予約もキャンセルとなるなど、首都圏や県外からの来村者が激減し、村全体の衰退が急激に進みかねない状態です。このような中、震災前の状況に戻すため、地域一丸となって受入れ体制の回復と誘客の取組を進めています。

目次へ

ポイント・効果

目次へ

活動規模

目次へ

地域資源

目次へ

今後の展開

受入登録者の機運の低下の回復。空き家事業や、当会が取り組んでいいる各事業に対しての地域への理解促進、普及が足りていません。マンパワー不足。解決に受けた取り組みに対しては現在検討中です。

目次へ

困難だったこと

目次へ

基本情報

■名称 :

教育旅行、グリーンツーリズム、海外からの青少年の受入、定住促進、六次化、特産品開発ほか

■住所 :

福島県岩瀬郡天栄村下松本字原畑61 

■TEL :

0248-94-2232

■管理団体 :

天栄村ふるさと子ども夢学校推進協議会

■代表者名 :

■WEBサイト :

yumegakkou.com

目次へ

公開トーク

新規投稿

書き込みするにはログインする必要があります

利用者自身の個人情報を明らかにする行為や、 個人情報の開示に繋がる恐れが高いと判断される行為、
または他者のプライバシーの侵害に 繋がる書き込みは、ご遠慮ください。