全国地域づくり実践事例を紹介! 農山漁村ナビ

体験型観光「松浦党の里ほんなもん体験」を展開

長崎県松浦市 一般社団法人まつうら党交流公社

HOME > 事例一覧 > 体験型観光「松浦党の里ほんなもん体験」を展開

日々の写真館

目次へ

事業概要

修学旅行生の農家・漁家への民泊受入による自然環境や農林漁業等の生業に根ざす生活文化そのものを活かした体験型観光「松浦党の里ほんなもん体験」を展開し、交流人口の拡大による地域経済活性化に取り組んでいる。年間を通して体験受入活動を展開するため、修学旅行に加え、個人グループ旅行の誘客活動にも取り組んでいる。
ある修学旅行のアンケートでは、ホテルではなく民家宿泊先の夕食が圧倒的に美味しかったという結果が出ており、生徒達は「宿泊先の魚や野菜がとても美味しかった」「帰りたくない」と口々に語り、保護者からは「普段会話のなかった子供が、修学旅行の思い出を楽しそうに語ってくれ、旅先で教わった刺身を作ってくれた」などの喜びの声がたくさん届いている。また、教師からも「たった一晩で生徒とあれほど親しくなれるとは。」と体験民泊の高い効果に驚きの声があがっている。
地域の生活に根ざした「ほんなもん」=「ほんもの」の体験を提供し続けるため、民間主導のコーディネート組織と、農家・漁家の担い手からなる14の受入組織が互いに信頼のネットワークを形成し、全国に類をみない組織体制を確立している。このような信頼関係の中、農家や漁家を中心とした多くの女性や高齢者が参加しており、農家・漁家ならではの経験やノウハウを活用する機会の創出につながった本取組を高く評価している。
人口280名の青島では、年間1,000名を超える修学旅行生が訪れ、島の活性化に大きく寄与しており、その効果はエリア内の農山漁村地域全体に及んでいる。

目次へ

主力商品・イベント

○体験旅行プログラム「松浦党の里ほんなもん体験」
漁業体験、農林業体験、味覚体験など、80種類のプログラム。出会い、発見、感動体験が満載。1日最大1,700名の受入能力。通年実施。

目次へ

活動背景

私たちは、急速な経済発展によりわずか数十年の間に豊かな生活を手に入れることができた反面、多くの大切なものを失った。長い時間をかけて受け継がれてきた言い伝えや食文化、農漁業における自然との共生の考え方、家族や地域社会などの人間関係等々は、どれもが大切な宝であり、私たちの人間性を取り戻し癒してくれる。そこで、人間性回復の「ほんもの」の体験を提供する活動に取り組み始めた。

目次へ

ポイント・効果

○青少年の健全育成に役立っているという実感、生きがいを持つことができ、社会貢献の喜びと誇りを得た。
○農家・漁家である担い手が、体験型観光で自らの経験・ノウハウを伝授することを通じて、自信や誇りを取り戻した。
○収入面での効果も大きく、地元農漁業が体験型観光と同化しつつあるほど根付いてきている。

目次へ

活動規模

○受入学校数 159校(H27年度)
○受入人数 28,500人(同上)

目次へ

地域資源

○島や半島ならではの変化に富んだ自然や多様な生業に根ざす生活文化
○長崎県でも屈指の漁場と漁村
○昔ながらの農村の営み

目次へ

今後の展開

信頼性の高い体験を提供し続けるため、引き続き関係者に安全・衛生・防火講習を義務づけ、保健所や消防署の協力を得て指導を徹底していく。また、担い手に対して、民泊や体験学習の理念、手法、技術などについての指導の徹底を図る。
当面年間3万人の受入を目標に、インバウンドなど新しい顧客層の集客にも取り組み、日本一の体験観光地を目指す。

目次へ

困難だったこと

目次へ

基本情報

■名称 :

体験型観光「松浦党の里ほんなもん体験」を展開

■住所 :

長崎県松浦市志佐町浦免1808-1

■TEL :

0956-27-9333

■管理団体 :

一般社団法人まつうら党交流公社

■代表者名 :

■WEBサイト :

http://www.honmono-taiken.jp/

目次へ

公開トーク

新規投稿

書き込みするにはログインする必要があります

利用者自身の個人情報を明らかにする行為や、 個人情報の開示に繋がる恐れが高いと判断される行為、
または他者のプライバシーの侵害に 繋がる書き込みは、ご遠慮ください。