全国地域づくり実践事例を紹介! 農山漁村ナビ

全国で初めて、特例子会社として水耕栽培による障がい者雇用にチャレンジ。持続可能なビジネスモデルの確立に努力

大阪府泉南市 ハートランド株式会社

HOME > 事例一覧 > 全国で初めて、特例子会社として水耕栽培による障がい者雇用にチャレンジ。持続可能なビジネスモデルの確立に努力

日々の写真館

目次へ

事業概要

・安定的かつ持続可能なビジネスモデルとなるため、経営努力を継続
・農産物の販売先を確保 (大手スーパー、大手百貨店等)
・障がい者が主人公の会社となるべく、作業の分業化、工夫、終礼の実施等、障がい者の主体性を尊重
・福祉施設の企業内授産を拡大。地域の授産施設との連携強化、障がい者就労に貢献
•水耕栽培による障がい者雇用を行う企業、社会福祉法人の視察受け入れ、アドバイスや販路紹介等を行い、ハートランド株式会社の取り組みが広がるように努力
・障がい者を雇用し、農業に取り組んでいる企業のネットワーク化に努める
・従業員近隣のグループホームに入所、経済的自立と生活面での自立を目指す

目次へ

主力商品・イベント

目次へ

活動背景

【活動の経緯】 就労率が低い知的障がい者、精神障がい者の雇用を促進するため、障がい者の職域として農業に着目。大阪府障害者雇用促進ネットワーク農事研究会で研究・ 検討。安定的な就労、作業の分業化、繰り返し作業による障がい者の就労の可能性を確認。障がい者雇用を中心にした農業分野にないビジネスモデルを確立するため、特例子会社として全国で初めて、農地在取得、農業用ハウスを設置、水耕栽培施設を導入、創業。

目次へ

ポイント・効果

 全国的な「農と福祉の連携」の先進事例として全国から注目を受ける。また、大阪府の農と福祉の連携「ハートフルアグリ」の推進等施策展開のきっかけとなり、障がい者の新たな職域として農業に注目を集め、波及効果が広がっている。

目次へ

活動規模

目次へ

地域資源

目次へ

今後の展開

持続可能な経営モデルを示すことにより、全国で「農と福祉の連携」が一層進み、当初の目的「農業が障がい者雇用の職域として魅力あふれる職域となる」ようにリーダーシップを発揮する。具体的には、新商品開発や共同物流構築を行うことで、課題の解決に取組み経営安定化と福祉の両立を目指す。

目次へ

困難だったこと

目次へ

基本情報

■名称 :

全国で初めて、特例子会社として水耕栽培による障がい者雇用にチャレンジ。持続可能なビジネスモデルの確立に努力

■住所 :

大阪府泉南市幡代2018番地

■TEL :

072-480-0567

■管理団体 :

ハートランド株式会社

■代表者名 :

■WEBサイト :

http://www.kokuyo.co.jp/heartland/

目次へ

公開トーク

新規投稿

書き込みするにはログインする必要があります

利用者自身の個人情報を明らかにする行為や、 個人情報の開示に繋がる恐れが高いと判断される行為、
または他者のプライバシーの侵害に 繋がる書き込みは、ご遠慮ください。