全国地域づくり実践事例を紹介! 農山漁村ナビ

映画「阿弥陀堂だより」のロケ地となった北信濃の原風景を遺す活動 棚田復活 子供たちとの農作業

長野県飯山市 映画「阿弥陀堂だより」の原風景を守る会

HOME > 事例一覧 > 映画「阿弥陀堂だより」のロケ地となった北信濃の原風景を遺す活動 棚田復活 子供たちとの農作業

日々の写真館

目次へ

事業概要

 飯山市福島地区は、長野県北部の豪雪地帯です。四季折々の豊かな自然風景は、映画「阿弥陀堂だより」のロケ地となりました。心の病がきっかけで、夫の孝夫とともに信州の山村に診療医としてやってきた美智子。村の人々とのふれあいの中で心の病を克服していく。
 しかし、この原風景は地域づくりとしての様々な組織の活動によるものでした。阿弥陀堂周辺は300年以上前に造られた石垣の棚田地帯でしたが、不利な耕作条件や後継者不足で耕作放棄地が増加していました。
 飯山市瑞穂地区では、「瑞穂の郷づくり委員会」が発足し、福島区では背丈を超える茅刈り、重機での表土入れ替えなどにより、15年ぶりに棚田を復活させました。その結果、美しい石垣の阿弥陀堂の原風景を取り戻すことができたのです。

編笠と早乙女
春の阿弥陀堂
目次へ

主力商品・イベント

平成30年5月20日、五月晴れの中で今年の田植が行われました。小学生、保育園児、保護者、先生、市長、議員、市職員、区長、一般参加者、当日飛び入り参加の観光客の方も、みんなでやりました。自分たちが植えたおいしいお米を給食でたくさん食べてください。食料自給率と食育のお話もありました。
その後、農作業準備休憩施設での交流会。観光で来られた方は、学校の栄養士さんでした。地元の女性の皆様と熱心に郷土料理のお話。お勤め先の学校給食で提供してみては・・・。

開会式
子供たちは裸足で
思い思いに
子供も大人も入り乱れて
整然と
交流会
目次へ

活動背景

 福島新田は寛文元年(1661年)に飯山藩により開発許可状が出され、寛文8年に本格的な新田開発が始まりました。棚田は急傾斜地に造られた階段状の水田で、稲作の歴史と中山間地農村の景観を構成する文化遺産ともいえます。しかし、山間地特有の悪条件から遊休荒廃地の増加が目立ち、美しい石垣の棚田景観が失われてきました。
 福島集落の棚田用水の確保は、山間部からの雪解け水により、春先から田植え期までは確保できますが、それ以降は慢性的な用水不足となっていました。また、土型水路であるため、法面の浸食・崩落の補修に多大な労力を費やしてきました。耕作されている下流部水田へ、水源から安定的に用水を引くためには、途中の棚田地帯の用水路改修が不可欠となっていました。山間部の低水温も問題点となっていました。
 これらの問題解消と美しい里を取り戻すため、親水ため池の建設用水路の改修等を行い今日に至っています。

ため池

目次へ

ポイント・効果

 平成10年にこの原風景を再評価し、地域資源として活かしていこうと「瑞穂の郷づくり委員会」を発足させ、平成11年には15年ぶりに棚田が復活して、「日本の棚田百選」に選定されました。荒れた管理道や傷んだ水路を改修し、交流会場も設置しました。
 平成15年度にはため池が完成して、田植え期以降の慢性的な水不足を解消しました。福島新田の棚田は美しい石垣を擁し、阿弥陀堂の里として山里の原風景を求める人々が多数訪れています。

美しい石垣
目次へ

活動規模

蕎麦耕作組合の設立
田植え体験と交流会
阿弥陀堂周辺の草刈り作業
阿弥陀堂周辺の見回り
阿弥陀堂の冬支度
美の里の保全

炎天下の草刈り
目次へ

地域資源

 映画「阿弥陀堂だより」の原風景を守り、水と土を活かした美しい自然環境と心の癒される景観形成に取り組む。循環型社会としての永続する地域の構築。
 道祖神、春祭、盆踊り、秋祭など農村での伝統行事を守り、また、昔からの郷土料理の伝承を進める。子供達への餅つき体験も。
 今後は、周辺地域を史跡探訪ルートとして整備し、道標、案内板設置、散策マップの作成などを行っていきたい。

近隣紹介
 隣の野沢温泉村で、5月12日、13日と二日間にわたり菜の花パノラママーチが開催されました。今年で13回目です。一部飯山市分もコースに含まれます。史跡、景観などのほかに、柏尾堰用水路、ため池である北竜湖などの農業施設もコースに取り入れられています。水路には満々と水が流れ、田畑では乗用トラクターが土を起こしていました。田植えや野菜の作付にと、活気ある農地の中を歩きました。菜の花、新緑、すがすがしい空気、皆様お出かけください。
 

きれいに手入れされた畦畔
柏尾堰付近
ハートの形の北竜湖
北竜湖の菜の花
目次へ

今後の展開

 阿弥陀堂。水車小屋等施設の維持修繕 団体活動の後継者育成 地区の景観形成

目次へ

困難だったこと

目次へ

基本情報

■名称 :

映画「阿弥陀堂だより」のロケ地となった北信濃の原風景を遺す活動 棚田復活 子供たちとの農作業

■住所 :

■TEL :

■管理団体 :

映画「阿弥陀堂だより」の原風景を守る会

■代表者名 :

■WEBサイト :

目次へ

公開トーク

新規投稿

書き込みするにはログインする必要があります

利用者自身の個人情報を明らかにする行為や、 個人情報の開示に繋がる恐れが高いと判断される行為、
または他者のプライバシーの侵害に 繋がる書き込みは、ご遠慮ください。

カウンター

本日3,175人目 総計5,396人目

新着情報

2018年05月13日
菜の花パノラママーチ
2018年05月21日
平成30年田植え

目次

関連施設/関連リンク