全国地域づくり実践事例を紹介! 農山漁村ナビ

千葉県富津市相川・梨沢地区との連携活動を軸に、農業×地域起こしをテーマに農業農村に親しみ、楽しむ活動をしている。

東京都目黒区 東京大学むら塾

HOME > 事例一覧 > 千葉県富津市相川・梨沢地区との連携活動を軸に、農業×地域起こしをテーマに農業農村に親しみ、楽しむ活動をしている。

日々の写真館

目次へ

事業概要

〇大学生サークル・農村マッチングプロジェクト
本プロジェクトは、全国の大学で設立された『農業農村を応援する大学生サークル』と、条件を満たす『農業集落』とのマッチングを行うもの。
将来を担う若者に、農業・農村の現状や役割、その重要性などを体験してもらうことにより、農村地域における、未来の応援者となることを期待。

〇東京大学 むら塾
・千葉県富津市相川・梨沢地区との連携活動
・学園祭(五月祭、駒場祭)の出店、同地区のPR
・同地区での米作り、無農薬野菜作り
・サークルネット内の交流会参加

目次へ

主力商品・イベント

【2017年活動実績・予定】
・(おおよそ)週1回の相川・梨沢地区訪問
・5/3~5 新入生歓迎合宿及び田植え(相川地区)
・5/20~21 五月祭出店(同地区で生産された米から作った米粉チヂミと無農薬野菜の販売)
・8/17~18 夏合宿、寺子屋開催(同地区)
・9/4~5 稲刈り
・11/24~26 駒場祭出店予定

目次へ

活動背景

都心に位置する大学に通う学生にとって、日本の農業の現状を肌で感じる機会は少ない。実際に自分の目で農村を見てみたい、純粋に農業を楽しみたいという意欲のもと、サークルネット顧問の中里氏のお声掛けにより、2015年4月に設立。
千葉県富津市相川・梨沢集落との連携活動は2015年9月から開始。

目次へ

ポイント・効果

連携活動の進展やPRの効果により、サークル及び集落の認知度が着実に高まりつつある。
具体的には、富津市報や千葉日報に活動を取り上げて頂いた。また、市や県の職員方にも広く活動を認めて頂いている。

目次へ

活動規模

・部員数は67名(2017/9/11現在)
・活動拠点は千葉県富津市相川・梨沢地区

目次へ

地域資源

目次へ

今後の展開

今年度は、支援先集落の遊休農地解消を主たる目的として、約3反歩の田圃で米作りに取り組んでいる。先日稲刈りを迎え、今後は販売に向けたブランディングを目指す。
同地区のWebサイトを開設し、情報発信・現地の野菜販売を考えているほか、学生を対象にしたツアーの企画も行っているところである。
私たちの活動実績はまだ浅く、日々試行錯誤のもとで活動しているが、地域活性化の中心としての農業の在り方、利用の仕方を模索しながら、支援先の集落、果ては日本全体の活性化を目指している。

目次へ

困難だったこと

目次へ

基本情報

■名称 :

千葉県富津市相川・梨沢地区との連携活動を軸に、農業×地域起こしをテーマに農業農村に親しみ、楽しむ活動をしている。

■住所 :

東京都目黒区駒場3-8-1

■TEL :

■管理団体 :

東京大学むら塾

■代表者名 :

■WEBサイト :

目次へ

公開トーク

新規投稿

書き込みするにはログインする必要があります

利用者自身の個人情報を明らかにする行為や、 個人情報の開示に繋がる恐れが高いと判断される行為、
または他者のプライバシーの侵害に 繋がる書き込みは、ご遠慮ください。