全国地域づくり実践事例を紹介! 農山漁村ナビ

農作業の応援、農産物のブランド化・加工商品化の企画・販売の応援

青森県十和田市 北里大学 北里農援隊

HOME > 事例一覧 > 農作業の応援、農産物のブランド化・加工商品化の企画・販売の応援

日々の写真館

目次へ

事業概要

〇大学生サークル・農村マッチングプロジェクト
本プロジェクトは、全国の大学で設立された『農業農村を応援する大学生サークル』と、条件を満たす『農業集落』とのマッチングを行うもの。
将来を担う若者に、農業・農村の現状や役割、その重要性などを体験してもらうことにより、農村地域における、未来の応援者となることを期待。

〇北里大学 北里農援隊
・さつきグループ
(おいらせ町の特産品加工と地域貢献活動)
・NPO法人 階上フロンティア
(牧場作業の手伝い、羊の柵作り、堆肥の移動、八戸高校の生徒と牧場作業の手伝い)
・わんぱく保育園
(保育園の子どもたちと田植えの手伝い)
・上明戸ブルーベリー農園
(りんごの選定・収穫、ブルーベリー農園の手伝い)
・農家さんの手伝い
(苗床作り、長ネギの種まき、ウド梱包、ゴボウの収穫、長ネギの収穫‥‥等)

目次へ

主力商品・イベント

今後の予定について
・9月30日 イオン出し祭り
(出店しているお店の販売の手伝い)
・10月上旬 おいらせ町 赤そば花まつり参加予定
・10月6日7日 北里大学 紅葉祭
(上明戸ブルーベリー農園のりんごジュースを販売)
・10月29日 山端農園の手伝い
・11月18日19日 おいらせ町 鮭まつり参加予定
上明戸ブルーベリー農園りんご収穫
・12月10日 さつきグループ味噌作り
・1月13日 わんぱく保育園で十和田自慢発表会

目次へ

活動背景

北里農援隊は2016年9月に設立。
メンバーのほとんどが青森県外の出身である。自然豊かな環境でありながら、農家の数が減少している現状の中、私たち学生が地域の方々との交流も兼ね、少しでもサポートしたいという強い思いで設立したサークルである。
農業体験を通し、農業、むらづくり、農村環境保全を応援することを目的として、活動を行っている。

目次へ

ポイント・効果

去年設立したばかりだが、さまざまな活動を行い地域との交流を図ってきた。地域の農家の方から「農援隊の話をよく聞くよ」とお言葉を頂いているため、少しずつではあるが地域に北里農援隊が浸透し始めている。

目次へ

活動規模

現在部員数は34名。
活動は青森県十和田市、おいらせ町周辺での活動を行っている。
また、沖縄交流会など他大学サークルとの交流も行っている。

目次へ

地域資源

目次へ

今後の展開

わんぱく保育園での活動など、地域の子どもから大人の方まで幅広い層の方々と農業を通じて関われるような活動を考えている。

目次へ

困難だったこと

目次へ

基本情報

■名称 :

農作業の応援、農産物のブランド化・加工商品化の企画・販売の応援

■住所 :

青森県十和田市東二十三番町35-1 北里大学十和田キャンパス

■TEL :

■管理団体 :

北里大学 北里農援隊

■代表者名 :

■WEBサイト :

目次へ

公開トーク

新規投稿

書き込みするにはログインする必要があります

利用者自身の個人情報を明らかにする行為や、 個人情報の開示に繋がる恐れが高いと判断される行為、
または他者のプライバシーの侵害に 繋がる書き込みは、ご遠慮ください。