全国地域づくり実践事例を紹介! 農山漁村ナビ

登録漁船27隻 小さな漁村に年間3万人のダイバーが訪れる!

静岡県伊東市 いとう漁業協同組合 富戸支所ダイビングサービス

HOME > 事例一覧 > 登録漁船27隻 小さな漁村に年間3万人のダイバーが訪れる!

日々の写真館

目次へ

事業概要

 伊豆半島の豊な自然の恵みを県内外の方々に楽しんでもらい、地域を活性化する為に活動を続ける。

目次へ

主力商品・イベント

 富戸港のある伊東市では、年平均気温17.2℃、温暖な気候に恵まれ、44.7%が国立公園地区に指定、温泉の湯量も豊富な地域である。この恵まれた自然を活かし、お客様を誘客している。

目次へ

活動背景

 バブル経済も終了した昭和60年代、組合運営も再考する時であり、地域宿泊施設も一時の賑わいも薄れ、海を利用した新しい取組を模索した中で、全国でも有数なダイビングスポットである伊豆半島で、組合事業としてダイビングサービスを運営し、集客をする事で漁業への関心や地域観光貢献にも繋がるとの考えです。

目次へ

ポイント・効果

● 全国でも先駆け 漁協直営のダイビングサービス
 ダイビングスポットの開拓、ルール管理作り、窓口業務、レンタル品、更衣室等の提供、漁船を改造した天然温泉「温泉丸」等を設置し、ダイバーの利用しやすい環境を作る。

● アオリイカ産卵床の設置
 イカの資源を増やしたい漁師が主となり、産卵床となる木を水中に設置。イカの産卵行動を観察したいダイバーを誘客する事が出来、設置期間の5月~8月は年間売上の40%前後をしめている。

● 年間4000人のボートダイビング利用者で船主に漁業所得以外の利益を生む
 積極的にボートダイビングを推奨し、漁師が漁業所得以外の所得を得られるようにする。その結果、漁師とダイバーの関係も良好で、年に数回行われる海鮮BBQでは漁師が朝採れの魚をダイバーに振舞い、交流をはかっている。

● 県外からの修学旅行生や親子連れスノーケラーの受け入れ
 積極的に受け入れをする事により来客数も年々増加し、近隣のペンション等の利益を生み地域活性にもなっている。海の楽しみを知った子供たちが後にダイバーとなる事も期待している。伊豆の自然に魅かれ、アイターンする若者も多く、一部は漁業者、ダイビング指導員となり定住している。

目次へ

活動規模

 お客様に安全で楽しく過ごしていただく為に、安全面に関しても、警察、消防、海上保安庁との連携、合同訓練等をし、レジャーダイビングの安全管理に勤め、AEDや酸素の設置など積極的に行っている。
 地元の子供たちにも海の楽しさを知ってもらいたく、近隣のダイビングショップの有志が集まって開催している、地元小学生のスノーケリング教室の遊泳場所や施設提供、H28年度からは小学生の漁業体験「サザエ獲り」を開催。

目次へ

地域資源

 登録漁船27隻の小さな漁港ですが、定置網漁、海女漁、金目漁、伊勢海老漁を行っており、ダイバーが水揚げされた魚等を見て、漁師と交流する機会も多い。また、自営食堂では地魚を扱っており、伝統漁で水揚げされた魚や魚介類をお客様に見て、楽しんで、食べてもらい、1日の遊びのツールを提供している。

目次へ

今後の展開

 伊豆の美しい自然を守りながら、観光業への受け入れを積極的に行っていき、漁業所得以外での所得を向上させるべく活動を続けていきたい。

目次へ

困難だったこと

目次へ

基本情報

■名称 :

登録漁船27隻 小さな漁村に年間3万人のダイバーが訪れる!

■住所 :

静岡県伊東市富戸987

■TEL :

0557-51-1100

■管理団体 :

いとう漁業協同組合 富戸支所ダイビングサービス

■代表者名 :

■WEBサイト :

http://www.izu-ito.jp/futo/

目次へ

公開トーク

新規投稿

書き込みするにはログインする必要があります

利用者自身の個人情報を明らかにする行為や、 個人情報の開示に繋がる恐れが高いと判断される行為、
または他者のプライバシーの侵害に 繋がる書き込みは、ご遠慮ください。