全国地域づくり実践事例を紹介! 農山漁村ナビ

伝統漁法「一日漁」で地域活性化!

島根県大田市 おおだ一日漁推進協同組合

HOME > 事例一覧 > 伝統漁法「一日漁」で地域活性化!

日々の写真館

目次へ

事業概要

 全国でも希少な「一日漁」という伝統漁法を守り続けながら、ブランド価値を高めることで漁業界の活性化を目指している。「一日漁」の商標を取得し、平成24年8月に、仲卸業者、加工業者、飲食業者、小売業者で共同組合を設立した。魚食普及(食育)にも官民一体となって積極的に取り組んでいる。

目次へ

主力商品・イベント

〇島根県沖「一日漁」で水揚げされた鮮魚、またその魚を使った干物等の加工品
〇地域資源を活用した加工品
〇「一日漁」で水揚げされた鮮魚を使った郷土料理

目次へ

活動背景

 全国でも希少な「一日漁」という伝統漁法を守り続けながら、ブランド価値を高めることで漁業界の活性化を目指している。次世代を担う子供たちに伝統漁法を守り続けていってほしい。

目次へ

ポイント・効果

 当地域の漁業形態が長年続くとともに、当組合が「一日漁」ブランドを高めてPRすることにより、高い魚価が維持され生産者の活性化に寄付している。また、魚価が高い為、若い船員の後継者が多く存在していることは全国でも稀で活気づいている。
 魚食普及(食育)にも積極的に取り組み、学校給食センターと連携し学校給食での魚の取扱量が多く、地元地産地消情報誌に取り上げられ、次世代を担う子供たちへの周知が高まっている。学校授業の地域社会学習として、組合員企業への訪問回数が増えてきており、地元の水産業への理解が進んでいる。
 地域商標を取得し、商品へのシールの貼付やポスター・幟をスーパー等の取扱店に掲示してもらうことで、消費者の一日漁に対する認知度が高まっている。また、各方面にPRしていることがテレビや新聞等のメディアに取り上げられ、地域での 評価が高まるとともに、市民等へ一日漁への理解が深まり、地元購買が進んでいる。

目次へ

活動規模

〇平成24年8月
「おおだ一日漁推進協同組合」として発足。組合員数10社。
役員:理事5名(うち代表理事1名、副代表理事1名)、監事1名
仲卸業者、加工業者、飲食業者、小売業者
「一日漁」のデザインロゴを作成し、ポスター・幟等を製作。

〇平成25年度
「食のモデル地域育成補助事業」を活用し、地産地消推進協議会との連携

〇平成26年度
ジャパン・フィッシャーマンズ・フェスティバル「食のモデル地域取組内容紹介コーナーに出展

〇平成27年度
ジャパン・フィッシャーマンズ・フェスティバルに出展し一日漁をPR

〇平成28年度
大田商工会議所内に「おおだ一日漁ブランド推進協議会」が設置され、理事が参加

〇平成29年度
Facebookの開設。一日漁説明動画の作成。クラウドファンディングの活用。
組合員数13社となる。

〇平成30年度
クラウドファンディングを活用し、ホームページを開設。
組合員数14社となる。
第5回ディスカバー農村漁村の宝、優良事例として選定される。

目次へ

地域資源

島根県沖でとれる鮮魚や、地域の食資源

目次へ

今後の展開

 組合員の加盟を促進し、一日漁の価値を理解することが魚価の安定にも繋がり、漁業関係者の雇用維持や活性化に寄付する。地元飲料組合とも協議を始めだしたところであり、各店舗で「一日漁」ブランドの」魚を取り扱いPRすることで飲食店・旅館や」観光関連産業の活性化を目指している。
 ブランドイメージをさらに高める為、JF・行政・商工会議所と連携し、首都圏等の大消費地への情報発信を行う。

目次へ

困難だったこと

目次へ

基本情報

■名称 :

伝統漁法「一日漁」で地域活性化!

■住所 :

島根県大田市久手町波根西2690-11

■TEL :

0854-82-3975

■管理団体 :

おおだ一日漁推進協同組合

■代表者名 :

■WEBサイト :

http://www.o-1day.jp/

目次へ

公開トーク

新規投稿

書き込みするにはログインする必要があります

利用者自身の個人情報を明らかにする行為や、 個人情報の開示に繋がる恐れが高いと判断される行為、
または他者のプライバシーの侵害に 繋がる書き込みは、ご遠慮ください。