棚田に恋 - 棚田に来て、棚田に恋するサイト

小阪の棚田

小阪の棚田

和歌山県

SCROLL

新規定住者受入れの先進地で山村文化の象徴、棚田を守れ

WAKAYAMA - KOSAKA
棚田百選

小阪の棚田では、30数年間も耕作放棄されていた棚田を復元し、地元有志で米作りを継続しています。田植え、稲刈り、餅つき、しめ縄作りなど様々なイベントが実施されます。田植えのイベントでは、牛耕体験も行われています。5〜6月頃の棚田はカメラマンも多く、県道43号からが撮影スポットとなっています。

地域で取り組まれている保全活動

Related articles

  1. 注目ポイント

    小阪の棚田がある色川地域は、日本一落差の大きい滝「那智の滝」
    の西側に位置する自然に恵まれた集落です。約40年前から新規
    定住者の受入れを行っており、現在は色川地域の人口の約半数
    が新規定住者という全国でも珍しい地域です。

  2. 保全活動など

    ① 各種体験イベント
    年間約100名の方が都会から来てくれています。田植えには牛耕体験も行っています。

    ② 賛助会員
    棚田の保全等に興味のある方を賛助会員として募集しています。
    会員には無農薬栽培で天日干しの棚田米を送ります。

周辺情報

Related articles

① 那智勝浦町
棚田のある那智勝浦町には、那智の滝の他、世界遺産の熊野古道、熊野三山の一つ那智大社、生マグロの水揚げ日本一の勝浦漁港、南紀勝浦温泉があります。

② 新規定住者受入れ先進地
色川地区は現在は9つの集落からなり、約40年前から新規定住者の受け入れを行ってきました。地区の人口は189世帯327人、うち新規定住者は74世帯、164人(平成30年4月時点)になり、人口の約5割が新規定住者です。

棚田カード配布場所:円満地公園オートキャンプ場、色川よろずや

イベント・特産品 Events & Specialty goods

5月 田植え
6月 草取り
9月 稲刈り
11月 餅つき、しめ縄作り

アクセス情報

Access information

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字小阪1706 小阪棚田

町営バス色川線小阪バス停より徒歩5分                                                      駐車場:有(5台分)                                                                  トイレ:無

お問い合わせ先

関連サイトLINKS