棚田に恋 - 棚田に来て、棚田に恋するサイト

本郷

本郷

山口県

SCROLL

隠れた魅力の棚田
全国でも珍しい水田放牧の棚田

YAMAGUCHI - HONNGOU

1説として、向津具半島では中世を通じて荘園が開かれ、江戸時代に引き継がれました。長州藩は財政難の打開策として、山野の開墾を推し進めていきました。記録によれば、江戸時代初期から後期までで耕地面積は62%増加したことが分かります。また、その時に飼養されていた役牛が現在では肉用牛となり、その飼養管理の一つとして山口型放牧が実践されています。吉田松陰は『廻(かい)浦(ほ)紀(き)略(りゃく)』に「向(むか)津具(つく)の岬を廻る、巌石壁立す。川尻・立石・津(つ)黄(おう)を陸に沿ひて舟を通ずるに、連(れん)亙(こう)皆山にして、山巓(さんてん)迄墾闢(こんへき)して畠となす」と棚田の景観を記しています。

地域で取り組まれている保全活動

Related articles

  1. 保全活動など

周辺情報

Related articles

棚田カード配布場所:長門市役所油谷支所向津具出張所

イベント・特産品 Events & Specialty goods

アクセス情報

Access information

山口県長門市油谷向津具下

お問い合わせ先
  • 長門市役所油谷支所向津具出張所 0837-34-1111

関連サイトLINKS